データを制する者は、ビジネスを制する

利用して見えること

データを管理する

DMPとして活用できるGoogle Analyticsは、そのままではわかりにくいと感じる部分が存在することが否定できません。
アクセス数やアクセス時間帯、滞在時間などの様々なビッグデータを収集することができますが、そのデータをDMPとして活用するには自分で解析することが欠かせません。
ですが、DMPを活用するために開発されたツールを導入すれば、その環境は全くと言っていいほど違うものになります。
さまざまなビッグデータを自動的に解析して、ユーザーにはわかりやすいデータとして提供してくれるのが、DMP解析に欠かせないサービスの特徴です。
従来であれば得られた情報を分析してユーザーのニーズとして自分で判断するべきものが、すでにユーザーのニーズとして解析された状態で提案されます。
その差は非常に大きく、DMPを活用するにあたって重要な、情報のわかりやすさという観点からGoogle Analyticsの導入ハードルを下げてくれます。
だからこそ、DMPに関わるサービスを利用することは欠かすことができません。

DMPを活用するために必要な情報は、自社のウェブサイトを利用するに至った行動だけではありません。
ユーザーが自社のウェブサイトを利用する前後にどのような活動をしてきたのかを理解することで、さらに分析できるポイントが増えます。
たとえば、自社のウェブサイトにアクセスされる前にどのような動きをしてきたかがわかれば、なぜ自社のウェブサイトに流入してきたかが見えてきます。
それが見えてくれば、ユーザーのニーズを分析することに大きな助けとなることは確実で、DMPを導入した意味も果たすことができます。
Google Analyticsだけでは見えてこない部分が外部のツールによって見えてくるため、DMPの活用ツールを導入することは欠かせません。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2015

Copylight all DMPで顧客獲得のために必要な情報を整理する技術 reserved